日焼け対策!|医療レーザー脱毛ならクレアクリニック - 東京|新宿・渋谷

脱毛専門女性専用
スタッフブログClair Clinic Staff Blog
脱毛専門クレアクリニック > スタッフブログ > 日焼け対策!

日焼け対策!

 

本日で4月も終わりてれ

そろそろ本格的に紫外線が多くなる時期ですね紫外線びっくり


脱毛している間は日焼けは天敵です!!!

日焼けをしている肌は乾燥していますので、レーザーをあてることで痛みも強く、火傷のリスクもかなり高くなりますなき


ですので、高出力で照射することはできず、脱毛が効果的に行えません下

場合によっては日焼けが落ち着いてから照射という形でその日は照射自体も出来ない事もございますakn


ということで、本日は日焼け対策についてお勉強ですえんぴつひらめき電球



まずは。。。。

紫外線の強い時間帯・季節・場所・地域についてですaknえんぴつ



正午前後(午前10時~午後2時)が最も多く、この4時間で1日に降り注ぐ紫外線の約50%以上~を占めていると言われています。

逆に日の入り、日の出付近はかなり少ないです。

ただ目に入る紫外線は逆に朝、夕方のほうが多いとも言われています。


紫外線Bは春~秋(3~9月)が多いですが、その中で真夏が1番多いです紫外線

真夏は真冬に比べて、紫外線B(UV-B)肌を赤くしたり(サンバーン)皮膚癌の原因となる)が約5倍にもなると言われています!sei

もちろん冬でも紫外線Bは降り注いでいるので、冬だからといって油断はできません!白目ase

冬でも長時間、浴び続ければ当然、紫外線Bの悪影響を受けやすくなるので注意が必要なのです!

一方、主に肌を黒くしたり(サンタン)、しわ、たるみ(光老化)の原因となる紫外線A(UV-A)は紫外線Bほど年間を通して降り注ぐ量に大きな差がありませんが、それでもやはり春から夏にかけて多くなります紫外線

紫外線B量は快晴日が最も多いのですが、雨の日でも地上に届いており、雨雲など雲の量が多い場合は快晴日の20~30%。薄曇りくらいであれば50~80%ほどの紫外線Bが届いているので、雨、曇りだからといって油断はできません!



新雪は紫外線を約85%も反射させるので、スキー、スノボをするときは特に注意が必要です注意

アスファルト、コンクリート、水面は約20%、芝生、土などは~10%と反射率が低いが、ゼロではないので、紫外線は反射するということを頭に入れて紫外線対策を行いましょう!



次は、日焼け止めの選び方でございますaknえんぴつ



よく日焼け止めに書かれているSPF(Sun Protection
Factor)
とは、紫外線防御係数(サンケア係数)のことで、紫外線B(UV-B)をどれほどの時間防いでくれるか?といったことを数値化したものです。

ただ1人1人、日焼けするまでの時間は違いますので、SPFの数値がいくらだからといって一概に「何時間、紫外線Bを防いでくれるとはいえない」のです。


つまーり、SPF値が高ければ高いほど紫外線Bを防いでくれる時間が長いということなので非常に良いように思われますが、SPF値が高い日焼け止め商品はその分お肌への負担(刺激)も大きくなりがちなので、闇雲にSPF値が高い日焼け止め商品を選べば良いというものでもないんですエル


また実際問題、紫外線Bを防ぐ力はSPF30あればかなり大きく、それ以上はそれほど防ぐ時間が大きくならないので、SPF30もSPF50も紫外線Bを防ぐ力にそれほど大差はないと言われています。



PA(Protection grade of UVA)とは、紫外線A(UV-A)をどれほど防いでくれるか?を「+」表示されており、

○ PA +

PA + +
○ PA + +
+

上記のようにの3段階に分かれており、「+」表示が1つよりも2つ、2つよりも3つのほうが、より紫外線Aを防いでくれるということになります。


下の表が外出におけるSPF、PA値の目安になりますので、ご参考までにどうぞ キャ

短時間(1時間ほど)の外出 SPF10~20 PA +
数時間の外出 SPF20~30 PA + +
数時間の野外でのスポーツ等 SPF30~50 PA + + +
海・プール ウォータープルーフタイプ




お次は日焼け止めの塗り方についてです えんぴつ


日焼け止め まんべんなく塗る

紫外線を浴びる可能性があるお肌(皮膚)に、まんべんなく日焼け止めを塗りましょうハッピー

また、よく手の甲で日焼け止めを塗って延ばす人がいますが、これではまばらになって均一に塗れませんので、ベタベタ感が嫌かもしれませんし、塗った後に手を洗わなければならないかもしれませんが、手のひらで塗る習慣をつけましょう◎

ちなみに手の甲や足の甲の指の間、首、うなじなどは塗れてないことが多いので、忘れないように塗りましょう!akn

日焼け止め こまめに塗る

日焼け止めは「SPF・PA」の数値によって、どれほど紫外線を防いでくれるかをある程度、知ることが出来ますが、皮脂、汗や、体を動かしたり、肌と服がこすれれば塗っていた日焼け止めも落ちてしまいますので、「SPF・PA」が高い日焼け止めを塗っていても、実際は私たちが思っているほど長時間、紫外線を防いでくれないものですてれ

ですので日焼け止めを塗れば安心だと思わず、汗をかいた時だけでなく、長時間、紫外線を浴びる場合はこまめに、「SPF・PA」の数値によって異なりますが、2~3時間おきに日焼け止め塗りなおすことが必要なのですエル

日焼け止め 日焼け止めはきちんと落とす

紫外線からお肌を守ってくれるということは、それだけ科学的な物質が日焼け止めには使用されているということですので、日焼け止めは帰宅後、石鹸などでキレイに洗い流しましょうきらきら

また水、汗でも流れ落ちないウォータープルーフタイプの日焼け止めは通常の石鹸やボディーシャンプーではなかなか落ちませんので、専用のクレンジング剤などできっちり落としましょうきらきら

日焼け止め 保湿をする

日焼けした後はもちろん、石鹸やクレンジング剤などを使用して日焼け止めを落とした後のお肌は水分が不足していますので、ローション、クリームなどで保湿するようにしましょうheart*




これらを是非参考にして頂き、効果的に安全に脱毛できるようにしましょうねきゃ



新宿クレアクリニック 虹

Myセレクト全身脱毛Myセレクト全身脱毛
PAGE TOP