医療脱毛新宿クレアクリニック

医療脱毛新宿クレアクリニック

Call:0120-706-909

StaffBlog

無料カウンセリング

今までに体験したことのない最上級の医療脱毛
医療脱毛・レーザー脱毛 > 医療脱毛BLOG

糖質抜きダイエットの停滞期には

皆様こんにちはラブラブ最近寒暖の差が激しくて着るものに困りますねあせる
 
さて、私は糖質制限ダイエットをしておりますビックリマーク
ある程度はすぐに落ちたのですが、思ったよりは減らなかったというのが現実でしたカゼ
しかし、体重には2kgブロックといものが存在し、いきなり坂道を転げ落ちるようには下がらないのですあせる
2kg落ちたら停滞期、2kg落ちたら停滞期という具合に、階段状に落ちて行くのが普通のダイエットで、もしそうでないとするならば、それは病気です汗

糖質制限を1ヵ月程度続けると、脂肪の代謝を促進させるレプチンというホルモンの機能が弱まります。
このレプチンは、脂肪細胞から作られるのですが、効果の一つとして「満腹感を伝達する役割」そして、「食欲と代謝の調節」を行うという実に優れたホルモンなわけです。

そこである程度の糖質制限が進み、なかなか落ちなくなったなと感じたら、今度は逆に超短期間に炭水化物を頂くという方法があります。

個人的には1ヵ月糖質制限食で耐え忍んだら、かなり体重が落ちにくくなりますので、そこでレプチンを活性化させるために、敢えて炭水化物を摂取するのです。

するとレプチンが目覚めて活発になり、再び脂肪を燃焼し始めてくれるという仕組みらしいのです。

ただし注意があります。
短期で起こる停滞期ではなく、長期に発生する停滞期です。

女性の場合は体脂肪率が28%以下の場合にて適応となります。それ以上に体脂肪のある方はレプチンの蓄えがあるため不要とのことでしたあせる
おおよそ2週間~3週間、糖質制限してなおかつジムでも運動しているのに痩せないな?と思ったら、ためしに「良質なたんぱく質、炭水化物を逆に摂ってみる=ドカ食い」も方法の一つかもしれません。
私も結果が出たらまた報告させていただきますにひひ
 
季節の変わり目、体調にお気をつけくださいドキドキ