医療脱毛新宿クレアクリニック

医療脱毛新宿クレアクリニック

Call:0120-706-909

StaffBlog

無料カウンセリング

今までに体験したことのない最上級の医療脱毛
医療脱毛・レーザー脱毛 > 医療脱毛BLOG

ヒートショックプロテイン

みなさまこんにちわ音譜

IMG_1907.JPG

最近購入したものなのですが、これはお風呂でもスマホが使用できる防水ケースです虹

冷房での肌荒れや身体の冷えを感じ、最近なるべく湯船に浸かることにしています照れ

今、最新のキレイになるお風呂の入り方としては、「40度程度のお湯に15~20分、全身浴で」というのが主流みたいですOK

ゆっくり浸かることで温められた血液が全身をくまなく循環するということ、そして全身に水圧をかけたほうが血流が促進されるからというのがその根拠になっています。

そして、今話題のヒートショックプロテインが生成されるのも「40度×20分×全身浴」です。

加齢や生活習慣などの影響でキレイな肌や健康を保つ自己回復力は衰えていってしまいますよねゲッソリ

しかし、その自己回復力を高めてくれるタンパク質があります乙女のトキメキ

それがここで紹介するヒートショックプロテイン(HSP)!!!!

このヒートショックプロテイン(HSP)を増やすことができれば、自然な方法で若々しさと健やかさが手に入るということです目

このヒートショックプロテイン(HSP)は、体を温めることによって体内に生成されます。

毎日、お風呂に入ることで見た目年齢が若くなるというのは、本当みたいですねラブラブ

いろいろな効果があるお風呂ですが、お風呂の美容・健康効果において、今最も注目されているのがヒートショックプロテイン(HSP)を増やす働きです。

ヒートショックプロテイン(HSP)はその名のとおり、熱ショックによって増えるタンパク質のことで、ダメージを受けた肌細胞を修復したり、 免疫力を高めたり、さまざまな病気を治すといった効果が確認されています。
肌についての効能でいうと、メラニンの生成を抑えてシミを防いでくれたり、炎症を抑制したり、紫外線によって傷ついたDNAの修復を促したり、 コラーゲン合成を促すなど、見た目の肌ツヤや肌の若々しさにも関係しており、アンチエイジングにとっては切っても切れない存在になります。

熱ショックを与えることで生成されるのがヒートショックプロテイン(HSP)の特徴なんですが、体温が38度前後になると、HSPが増えだすといわれていて、そのためには「42度」で身体を温めることが一番効率がいいです。

皮膚を温めて、体温が上げる方法は運動でも蒸しタオルでもスチーマーでもなんでもいいんですが、最も簡単で、労力なく体温を高めることができるのがお風呂なんですね。
お風呂に入ることで、キレイになり、健康になるという根拠は、このヒートショックプロテイン(HSP)を増やす効果があるということだけでも説明できます。 そんなわけで、肌をいつまでもきれいで若々しく保ちたいなら、毎日お風呂に入りましょう。

40度のぬるま湯に20分でもHSPは増える乙女のトキメキ

42度がヒートショックプロテイン(HSP)が増える最適な温度といわれているんですが、実際42度のお風呂に入るとなるとちょっと辛いですよねガーン

42度で5分の入浴と40度で20分の入浴を比較した場合、 後者のほうがHSPの増加、体温の上昇や免疫力アップが確認できたというデータもあります。

当たり前ですが、基本は全身浴になります。そのほうが効率よく身体が温まるからですが、 半身浴やシャワーだと、温まるのに時間がかかったり、温まりきらないという可能性があるそうですびっくり

寒い季節よりは、湯船に浸かる機会が少なくなる季節ですが、ぜひぜひ積極的に湯船に浸かってみましょうOK乙女のトキメキ

新宿クレアクリニック虹