医療脱毛新宿クレアクリニック

医療脱毛新宿クレアクリニック

Call:0120-706-909

StaffBlog

無料カウンセリング

今までに体験したことのない最上級の医療脱毛
医療脱毛・レーザー脱毛 > 医療脱毛BLOG

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

みなさま、こんにちわキラキラ

最近ネットで、飽和脂肪酸は早死のリスクを高めるという記事を読みましたびっくり

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸について、もう一度しっかり知識をおさらいしたくて、少し調べてみました照れ

そもそも、脂質は三大栄養素(炭水化物・脂質・タンパク質)のひとつで、最も効率の良いエネルギー源であり、人が生きていくうえで欠かせないものです。

脂質は、大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられ、それぞれの性質はまったくといっていいほど違います。

IMG_4483.jpg


飽和脂肪酸を多く含んでいるのは、バター、ラード、牛脂などの動物性といわれている脂質で、常温で固まるのが特徴です。
摂りすぎると中性脂肪やコレステロールを増加させてしまい、高脂血症や動脈硬化をまねく危険があるといわれているので注意が必要です。

一方、不飽和脂肪酸は、まぐろ、いわし、さんま、さばなどの魚類やオリーブ油、ゴマ油、シソ油、グレープシード油などの植物油に多く含まれている脂質。
常温で固まりにくく体内で液体であるというのが特徴であり、血中の中性脂肪やコレステロール値を調節する働きがあるといわれています。

記事には、飽和脂肪酸の摂取を控え、不飽和脂肪酸を積極的に取ったほうがいいということが書いてありました!!

飽和脂肪酸の働き虹
飽和脂肪酸は体内で固まりやすく、血液の粘度を高めて流れにくくします。
そのうえ中性脂肪や悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の合成を促し、これらが血管壁に入り込みやすくします。
そのため摂りすぎは、動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病につながります。
これを防ぐためには、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸を、バランスよく摂る必要があります
音譜

脂質の一部として、エネルギー源や身体を作る成分となります。
そのため、摂りすぎはエネルギー過剰による肥満につながります。

飽和脂肪酸が不足すると起こりうること、、、
血管がもろくなる、脳出血など

飽和脂肪酸を摂りすぎると起こりうること、、、
肥満、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞など

飽和脂肪酸を含む食材虹
バター、ラード、ショートニング、ココナッツオイル(やし油)、パーム油、パーム核油、脂身の多い肉(ばら肉、鶏皮、牛テール、牛タンなど)、ベーコン、ソーセージ、チーズ、ココナッツミルクなど

不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられ、さらに多価不飽和脂肪酸には、n-3系脂肪酸、n-6系脂肪酸などの種類があります。

不飽和脂肪酸の働き虹
オリーブ油に多く含まれるオレイン酸が代表的です。
一価不飽和脂肪酸は、飽和脂肪酸の代わりに摂ると、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らし、動脈硬化の防止に役立つ善玉コレステロール(HDLコレステロール)は減らさないという性質があります。
多価不飽和脂肪酸より酸化されにくい利点がありますが、悪玉コレステロールを減らす作用は、多価不飽和脂肪酸よりは弱いものです。

N-3系脂肪酸は、多価不飽和脂肪酸のひとつで、魚の油に多く含まれるIPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が代表的で、えごま油やなたね油などに含まれるα-リノレン酸もこの仲間です。
α-リノレン酸は体内で合成できない脂肪酸で、体内でIPA、さらにDHAへと変化します。

n-3系脂肪酸は、細胞膜や、体の仕組みに働きかける生理活性物質の材料となる物質です。
中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やしたり、血栓(血のかたまり)ができるのを防いだりといった、動脈硬化予防の働きもあります。
不足すると皮膚炎、集中力低下、発育不良などが起こります。

N-6系脂肪酸は、多価不飽和脂肪酸のひとつで、大豆油やコーン油など、一般的な植物油に多く含まれるリノール酸が代表的です。
リノール酸は体内で合成できない脂肪酸で、体内でγ-リノレン酸、さらにアラキドン酸へと変化します。

n-6系脂肪酸は、細胞膜や、体の仕組みに働きかける生理活性物質の材料となる物質です。
悪玉コレステロールを減らしますが、摂りすぎると悪玉コレステロールだけでなく善玉コレステロールも減少させてしまいます。
また摂りすぎは肥満につながるうえ、過酸化脂質や血栓(血のかたまり)を増やして動脈硬化を進行させたり、アレルギー症状を起こす物質の合成を増やして症状を悪化させたりするといわれています。

しかし!いずれの脂肪酸も脂質の一部として、エネルギー源や身体を作る成分となります。
そのため、摂りすぎはエネルギー過剰による肥満につながります。

不飽和脂肪酸が不足すると、、、
n-3系脂肪酸) 発育不良、皮膚炎、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、学習能力・集中力低下
(n-6系脂肪酸) 発育不良、皮膚炎、動脈硬化

不飽和脂肪酸を摂りすぎると、、、
(不飽和脂肪酸全般) 肥満
(n-3系脂肪酸) げっぷ、吐き気、鼻血、軟便
(n-6系脂肪酸) 脂質異常症、動脈硬化、アレルギー症状の悪化

不飽和脂肪酸を多く含む食材音譜
* 一価不飽和脂肪酸
* オリーブ油、なたね油、マカダミア油、落花生油、オレイン酸高配合の食用油、マカダミアナッツなど
*
* n-3系脂肪酸
* えごま油、アマニ油、なたね油、えごま、くるみ、脂の乗った魚(たとえばさば、さけ、さんま、ぶり、たちうお、うなぎ、いわし、にしんなど)など
*
* n-6系脂肪酸
* グレープシード油、コーン油、大豆油、綿実油、リノール酸高配合の食用油、マーガリン、マヨネーズ、くるみ、松の実、ごまなど

お肉より、お魚を積極的に摂ったり、お料理の際はマーガリンやバターを控えてオリーブオイルを使用したりと、毎日の心がけをしてみましょうウインクラブラブ

新宿クレアクリニック虹