医療脱毛新宿クレアクリニック

医療脱毛新宿クレアクリニック

Call:0120-706-909

StaffBlog

無料カウンセリング

今までに体験したことのない最上級の医療脱毛
医療脱毛・レーザー脱毛 > 医療脱毛BLOG

冬のスキンケア

みなさま、こんにちわ星

毎日寒いですが、体調は崩されていませんか?乙女のトキメキ

それだけでなく、冬は、温度・湿度ともに低くなり、 様々な肌老化の兆しが目に見えて表れがちですよねあせる

他の季節よりスキンケアの必要性が高まる季節であり、 「肌がお手入れを欲している季節」とも言えます乙女のトキメキ

冬の肌は、「温度の低下(寒冷)」「湿度の低下(空気の乾燥)」「暖房」などの
影響を受けて四季の中で最悪のコンディションとなります。

具体的にはどのような影響があるでしょうか?

<血行の悪化>

冬になり、寒くなると、毛細血管が収縮し血行が悪くなりますアセアセ

そうすると、毛細血管からの栄養分や酸素などの供給が
十分になされず、肌細胞の活性化が鈍化するなどして、
肌の新陳代謝が適切に行なわれなくなります。

新陳代謝の乱れは、肌の様々な機能に悪影響を与え、肌の衰えを早めてしまいます。

<分泌機能の低下>

冬は、汗(水分)や皮脂(油分)の分泌量が大幅に減少します。

そのため、汗や皮脂により構成される皮脂膜とよばれる
天然のクリームが不足してしまいます。

この皮脂膜とよばれる天然のクリームは、
私たちの肌を乾燥や外界の刺激から守ってくれるたいへん重要な肌の分泌物です。

冬になると、乾燥肌の方はもちろんのこと、
脂性肌の方さえも、この皮脂膜が不足してしまいますガーン

そのため、肌の潤いは失われ、肌荒れなどが起こりやすくなってしまいます。

<肌の水分の蒸発>

冬は、肌の水分分泌量が減少することに加え、
外気の乾燥により肌の水分が蒸散し失われていきます。

皮脂(油分)も不足しますので、水分の蒸散を防ぐ機能そのものも低下します。

肌の乾燥こそが、肌老化・肌トラブルの諸悪の根源です。

冬の肌は、カサカサに乾燥し、肌に老化の兆しが表れやすい、
たいへん危険な状態と言えます。

<暖房の影響>

冬は、外気の乾燥に加え、室内でも暖房による空気の乾燥が 肌の水分を奪っていきます。

また、室内と室外の極端な温度差が肌に大きな負担をかけています。

このような肌への負担が老化につながっていきますゲッソリ

<生活リズムの乱れ>

12月~1月とパーティーや宴会の機会も多く、
暴飲暴食や睡眠不足など不規則な生活により体調をくずしたり、
肌のお手入れがおろそかになったりしがちですびっくり

これは注意ですね(笑)

このように、冬になると、保湿機能をはじめとした 肌の健康機能そのものが低下しますダウン

肌はダメージを受け、
様々な老化現象が発生しやすい季節です。

まさに冬は肌がお手入れを欲している時季であり、
日々のスキンケアに特に注意を払う必要があると言えます。

ハート保湿対策についてハート

肌老化の最も大きな要因の一つは「肌の水分不足」です。

肌に十分な水分が保持されてないと、
肌乾燥から「シワ」「肌荒れ」「たるみ」など肌老化につながります。

また、肌の水分保持力が低下しているということは、
肌そのものの機能が低下しているわけですから、

「バリア機能低下によるトラブル」「ターンオーバーの鈍化」
「シミやクスミさらには皮膚の硬化現象」も 同時に進行しているケースが多々あります。

健やかな肌を維持するための最重要ポイントは「肌の保湿」といえます。

冬の肌は水分が著しく減少し、かさかさの乾燥状態になりがちです。

肌荒れが起こったり、シワやたるみが目立ちやすくなってきます。

肌を乾燥から守るためには、
「水分補給」「油分塗布」「水分保持」の3ステップで保湿対策を心がけましょうベルドキドキ

1、水分補給

洗顔後は皮脂や肌の潤い成分が不足しますし、
特に冬場は皮脂の分泌機能も低下していますので、
肌は無防備な状態で水分が奪われやすくなります。

化粧水などでたっぷりと水分や保湿成分を補給しましょう音譜

乾燥気味の肌は角質層の水分が不足し柔軟性が無い状態です。

特に冬の肌は、大気の乾燥や暖房の影響により、
角質層はの水分量は著しく低下し、硬くゴワゴワした状態になりがちです。

化粧水は水分や保湿成分を補給するとともに、
皮膚を柔らかくして乳液やクリームなどとなじみやすくしてくれます。

また、洗顔の際にアルカリ性に傾いた肌を弱酸性に戻し、
細菌に対して抵抗力のある正常な肌状態にしてくれます。

2、油分塗布

次に、油分を含んだ化粧品(乳液やクリームなど)により
潤いのベールを作り、水分の蒸散を防ぎましょうビックリマーク

乳液やクリームは、油分・保湿成分・水分を含み、皮脂膜と同様に肌を守ってくれます。

健康的な肌は、皮脂や汗からつくられた皮脂膜によって、
肌の潤いを保つとともに、外界の様々な刺激から守られています。

秋~冬にかけて、皮脂の分泌量は落ちていきますし、
洗顔後はこの皮脂膜が取り除かれた状態となっています。

また、加齢とともにこの皮脂膜の量は少なくなってきます。

乳液やクリームは、この天然の皮脂膜に代わり
人工の皮脂膜として肌を保護すると同時に、柔軟効果を与えてくれます。

3、水分保持

さらに、美容液などを利用し、肌の水分を保持し、乾燥から肌を守ることも大切です。

通常、美容液は、化粧水よりも高保湿成分が配合され、
また乳液やクリームと同等あるいはそれ以上のエモリエント効果があります。

美容液の使用によって、角質層の保水効果を高め、
空気が乾燥しても角質層から水分を逃がしにくくしてくれます。

化粧水のみ使用した場合と比較すると、
保湿機能のある美容液を併用した場合は、肌の水分量維持率は大きく高まります。

また、美容液は、肌に柔軟性を与えるともに
滑らかにしてくれますので、化粧ののりも良くなります。

通常美容液を使用されてない方も、秋から冬の肌に対しては、
化粧水とあわせて美容液も使用されますよことをおすすめしますドキドキ

血行をよくするためにマッサージもオススメですよグッ乙女のトキメキ

正しいスキンケアで冬のお肌トラブルを防止しましょうラブラブラブラブ

新宿クレアクリニックチューリップ