医療脱毛新宿クレアクリニック

医療脱毛新宿クレアクリニック

Call:0120-706-909

StaffBlog

無料カウンセリング

今までに体験したことのない最上級の医療脱毛
医療脱毛・レーザー脱毛 > 医療脱毛BLOG

冬の救世主

みなさま、こんにちはラブラブ

本日の日中は春並みの暖かさになるようですがポーン、夜には冬に寒さに戻るそうです雪の結晶

冬の夜の寒さは厳しいですよね星空雪

寒い時期って寝つきが悪くなりませんか?

私は冷え症なので、冬場は寝る前も手足がずっと冷たく、その冷たさに苦しみ、なかなか寝入ることが出来ず、毎年冬は地獄でしたショボーン

「でした」と過去形を使っているのは、そんな私に救世主が現れたのですニコ

それは、「湯たんぽ」ですひらめき

寝る少し前から布団に湯たんぽをスタンバイし、十分温まった頃布団に入ると、もう極楽極楽~照れ

エアコン要らずで朝までぐっすりですグッ

エアコンやヒーターと違って、湯たんぽなら空気も乾燥しないし、身体を芯からじんわりと温めることができるのでとにかく冷え性に最適。さらに、光熱費がかからないのでエコですウインク

ところで、身体のどこを温めれば効果的なのでしょうか?

手足が冷えることが多いと思いますので、冬に靴下を重ね着したり、手袋をはめたりしますが、実はあまり効果がないのです

そもそも手足が冷えるのは、冷えた身体から守るために、重要な部分であるお腹に血液を集中させるためです

なので、お腹から遠い手足の末梢部分は血が流れずに冷たくなりやすいのです

冷たくなった手足を温めても、手足のわりにお腹が冷たいと判断され、身体は逆に頑張って内臓に血液を送ろうとしてしまいます

すると、手足はますます冷たくなってしまうのだそうです

目からウロコですキラキラ

身体の末梢まで温める大切なポイントとなるのが、血流の多いところに湯たんぽを置くことです

身体を温めるのは血液であり、その血液は身体全体を巡回しています

体のなかで最も血流の多い箇所は、 内臓が集中し筋肉量も多い、横隔膜より下、 膝よりも上の部分です

太もも湯たんぽを当てることで、比較的短時間に血液を温める血流を促し冷えの改善につながります

寝る前に湯たんぽを布団の中に入れて温めておくのですが、これは温めておく位置が大切で、お尻の位置を温めておくと良いようです

熟睡するためには足先を温めるのが大切なのですが、足に直接当てるよりも、お尻の血液を温めることで足先まで効率よく温まっていきます

眠るときは抱きのようにに抱き込むことで寝つきが良くなります

お腹の周囲がシッカリ温まったら、 脚の付け根、太もも、足先とゆっくり下へと 移動させることがポイントです

体は就寝してからも体温調節をしています。 温めすぎると、汗をたくさんかく、布団をはいでしまうことで、 体を冷やす恐れがあります

その点からいっても、体を温めながらも ゆっくり冷めていく湯たんぽは優れもののグッズですラブ

みなさまも、低温やけどには十分注意しながら、上手に取り入れてみて下さいねラブラブ

新宿クレアクリニック虹