医療脱毛新宿クレアクリニック

医療脱毛新宿クレアクリニック

Call:0120-706-909

StaffBlog

無料カウンセリング

今までに体験したことのない最上級の医療脱毛
医療脱毛・レーザー脱毛 > 医療脱毛BLOG

美白の日

みなさま、こんにちはルンルン

今日はホワイトデーで有名な日ですが、「美白の日」でもあるんですよハート

化粧品メーカーのポーラさんが、3月14日が`ホワイト'デーであることから制定したそうです上差し

「色白は百難を隠す」と言いますように、肌が白いと2倍増しですよね(笑)ウインク

高価なお化粧品よりますば手軽な食べ物から取り入れたいと思い、今回は美白に効く食べ物を調べてきました!

美白に効く食べ物ランキング

【1位】トマト
トマトに含まれるリコピンには、活性酸素を除去する抗酸化力に優れています。このことから、肌に対しても紫外線によって発生した活性酸素を除去して肌の老化を防いだり、メラニン生成に必要な酵素チロシナーゼの働きを抑え、シミをできにくくする効果が期待できる食べ物です。
リコピンの1日の摂取量の目安は、トマト2~3個分、トマトジュースでは200ml、ホールトマトでは100g程度。

【2位】魚類肉類
魚類・肉類に含まれる必須脂肪酸メチオニンを摂取することで、体内でL-システインが合成されます。このL-システインが代謝を促し、メラニンの生成を抑制し、皮膚に沈着したメラニンの排出を助けてくれます。

【3位】 こんにゃく
こんにゃく芋に多く含まれるラミドは、肌を作る構成成分の一種で、紫外線や雑菌など外からの刺激から肌を守ったり、肌内部の水分の蒸発に対し、肌のバリア機能を担ってくれています。潤いのある肌を保つセラミドを摂れる食べ物が、お馴染みのこんにゃくです。
1日の摂取量の目安は、こんにゃく100g(1/3枚)程度。

【4位】パプリカ
パプリカに含まれるビタミンCは、皮膚の新陳代謝を活発にし、メラニンの過剰生成を抑える働きがあります。
ビタミンCは体内で合成することができないので、食べ物から摂取するしかありません。
ビタミンCの1日の摂取目安は100mg程度と言われています。パプリカやピーマンは全体的にビタミンCを多く含む食べ物ですが、特に赤いパプリカにはその含有量が多く、1/3個分で1日の必要量を摂取できるほどです。

【5位】アーモンド
アーモンドに含まれるビタミンEは、肌のターンオーバーを促進させる働きを持ち、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制してくれるので美白効果が期待できます。
ビタミンEの1日の摂取目安は女性で8mg程度と言われています。しかし、アーモンドはカロリーが高い食べ物なので、1日25粒位を目安に摂ることがオススメです。

どれもこれも身近な食材ばかりですねラブ

上の5つの食材を組み合わたせレシピもたくさんありそうですグッ

これから紫外線対策本番の季節が始まりますやしの木

なお、クレアクリニックには「クレアC」「ヘリオケア」「美肌注射」など、美白の味方アイテムも沢山ありますので、是非是非ご利用下さいませちゅー

新宿クレアクリニック虹