毛周期について

体毛には「毛周期」と呼ばれるサイクルがあり、一定の周期で生え変わっています。医療レーザー脱毛は、この毛周期にしっかり合わせて施術しなければ、あまり効果が発揮されません。

成長初期 成長期 退行期 休止期
[成長初期] [成長期] [退行期] [休止期]

毛周期は「成長初期」「成長期」「退行期」「休止期」に分類されています。医療レーザー脱毛が毛根を破壊できるのは、成長初期と成長期です。退行期・休止期では毛がないため、レーザーは反応しません。そのため、1回目の施術を受けた後は、退行期・休止期が過ぎるのを待って、再び成長期になってから2回目の施術を行うことになります。

再び成長期に戻るまでの期間は、人によっても変わりますし、同じ人でも部位によって変わります。一般的には最低2ヶ月かかるとされているため、当クリニックでもそれを基準に施術スケジュールを組みます。その後は医師による診察で個々の毛周期を確認し、スケジュールを調整します。

毛が無い状態や、毛の色が薄い状態では、レーザーは反応しません。毛抜きでの処理や脱色をしている方は、通常の状態に戻るまで待ってから施術を行ってください。剃毛した状態の処置は可能です。

医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛とは医療レーザー脱毛は、黒色にのみ反応するというレーザーの特性を利用して行う脱毛方法です。皮膚に照射したレーザーが毛のメラニン色素に吸収され、その後熱エネルギーに変換されます。すると、毛根と毛根周囲の毛包にある幹細胞が破壊され、毛の再生が困難となり、ほぼ永続的な減毛効果が得られます。

レーザー脱毛が向いているのは、日焼けをしていない人、毛が黒く、太い人。逆に向かないのは、色黒か日焼けをしている人、金髪や白髪の人、毛が細い人、毛抜き処理をして数日以内の人です。なるべく白い肌で、毛が黒く、しっかりしていれば、毛根部にスムーズにダメージを与えることができ、効果に結びつきます。

レーザーは黒い物に反応し、それを消滅させる性質があるため、シミや痣を薄くする効果もあります。また、レーザーにより発生した熱が加わって新陳代謝がアップするため、肌のハリがよみがえることもあります。

医療レーザー脱毛には、赤みやヒリヒリ感、炎症性浮腫(むくみ・軽度の腫れ)、毛嚢炎(毛包炎)、軽度のやけど、色素沈着などのリスクが伴います。しかし、当クリニックには医師・看護師が揃っておりますので、いかなるトラブルにも迅速に対応します。また、施術後の保湿ケアは非常に重要ですので、脱毛後は保湿を心掛けるようにしてください。

エステ脱毛と医療脱毛の違い

医療機関であるクリニックには医師が常勤しているため、施術中に何らかのトラブルが発生しても迅速かつ適切な処置が行えます。そのため、強力なレーザーを使用することが法的に許可されています。脱毛という医療行為を、正しい知識のもとで正当に行うことができるのがクリニックです。

一方エステでは、長期的効果のある脱毛は法律上行ってはいけないことになっていますので、弱い低出力の光を使用しています。よって、エステで行える範囲の脱毛は短期的効果しか期待できません。エステでなかなか効果が得られないといってクリニックに通い始める人も多いといいます。

エステのほうがクリニックよりもずっと低価格ですが、長期的な減耗率や安全性を考えれば、医療レーザー脱毛のほうがはるかに経済的ではないでしょうか。
医療レーザー脱毛のクリニックを選ぶときは、低価格に惑わされることなく、医師常勤、看護師による施術であるかどうか、必ずご確認ください。ごく稀に、医療資格のないスタッフが施術を行うケースもあります。医療の観点で見たときに安全かどうか、そこがもっとも重要なポイントです。

クリニックへのアクセス
新宿クレアクリニック

新宿本院

東京都渋谷区代々木2-13-5
KT新宿ビル7F

最寄り駅

JR各線・小田急線・京王線・新宿駅より徒歩4分
都営地下鉄新宿駅6番出口すぐ


大きな地図で見る


渋谷院

東京都渋谷区渋谷1-6-7
ICIビル 3F

最寄り駅

JR各線・東京メトロ各線・東急各線・京王井の頭線・渋谷駅より徒歩5分
東京メトロ副都心線13番出口から徒歩3分


大きな地図で見る

脱毛基礎知識トップへ

無料カウンセリング・新規ご予約の方 2回目以降のご予約の方