火傷(やけど)のリスクとレーザー脱毛の注意点|医療脱毛・レーザー脱毛美容皮膚科クレアクリニック|新宿・渋谷

女性専用完全個室

火傷(やけど)のリスクとレーザー脱毛の注意点

HOME > 脱毛について > 火傷(やけど)のリスクとレーザー脱毛の注意点

火傷(やけど)のリスクとレーザー脱毛の注意点

医療レーザー脱毛は高出力の脱毛用レーザーを使用して医療機関で行う脱毛方法です。
医療レーザー脱毛ではエステで行う光脱毛で行うよりもはるかに強力なレーザー出力を使用していきます。
結果、エステ脱毛よりも高い効果を得ることが出来ます。

医療レーザー脱毛は、レーザー光を照射することによって毛包を破壊することができます。
もしエステ脱毛でこのような行為がなされていれば違法となります。
医療脱毛とエステ脱毛の違いについてまだまだ認識していない人も多いと思います。実に様々な違いがありますが、これが決定的な違いです。
本当にムダ毛をなくしたいのであれば、医療脱毛を選択しましょう。
話は少しそれましたが、医療レーザー脱毛は高い効果を得ることができる反面リスクがあり、そのひとつとして挙げられるのが火傷です。
火傷のリスク回避の為には、皮膚、毛質の状態をきちんと見極め、出力を正しく判断する必要があります。
医療レーザー脱毛は医療行為であるため、専門の知識や技術を持った有資格者、医師、看護師が行わなければいけません。
ここもエステ脱毛と違う大きな点です。
エステ脱毛を選択される方は、今一度違いを調べることが大事です。

レーザー脱毛で火傷?
原因は?

医療レーザー脱毛での火傷の原因として挙げられるのが日焼けです。脱毛中の日焼けは絶対に禁忌です。
医療脱毛レーザーは、メラニンに反応するようになっているため、一般的に日焼けをしている人や地黒の人が施術を受けると火傷になる可能性が高まります。
また、ホクロやシミ、アザなどにも反応します。日焼けサロンなどの日焼け、通勤程度の日焼けでも、日焼けした肌は非常に火傷をしやすくなっています。

日差しを受けた肌は刺激から身を守るためにメラニン色素をたくさん作ります。
表皮に赤みやヒリヒリ感を伴う炎症が起きて、乾燥や肌荒れも起こします。
そのような状態にレーザーを照射した場合、肌は強いダメージを受け、普通なら毛に集中する熱が肌のメラニンにも強く反応し、結果として火傷が起こります。

レーザー脱毛による火傷を予防するには、普段から日焼け止めをこまめに塗っておくことが大切です。
また最近は飲む日焼け止めも人気となっておりますので、両方の活用が望ましいと思います。

次に肌や毛質に適していない出力調整や照射時間で施術を行ってしまうことが挙げられます。
出力や照射時間の正しい見極めは、大変重要です。
レーザー脱毛を行う際には、このような火傷のリスクをできるだけ避けるためにも、施術を受けるクリニック選びが重要になります。
医療脱毛に関しての知識や技術が高いことはもちろんのこと、多くの施術実績があることも大事な判断要素です。
クリニックによって費用やサービス面が異なるのと同じように、脱毛の効果、結果にも違いが出ます。
知識や技術が未熟なクリニックで施術を受けると、不必要にリスクを高めてしまい、満足した脱毛効果が得られなくなります。

レーザーはただ皮膚に当てればいいわけではなく、実はいろいろな技術が求められます。
安全に脱毛効果を最大限に出すためにも、性能の良い機械と施術者が必要となります。
医師の知識レベルや看護師の技術レベルが低いと、最適なジュール数を設定したりすることができず、結果、火傷などのトラブルを招くことがあります。
皮膚科医でも医療脱毛の経験がないと判断が難しく、医療脱毛の経験がある医師でも、毛のメカニズムに詳しい人ばかりではありません。
こうした医師のレベルの違いが、施術者(看護師)全体のレベルにも影響してきます。

当院の対応

新宿クレアクリニックでは、定期的な研修を徹底し、レーザーを照射しながら声掛けを行い痛みの度合いを都度確認しつつ、照射しながら肌の状態を確認していきます。
厳しい研修をクリアした者しか実際照射することは出来ません。
自身の過去の経験値とも照らし合わせながら、レーザーを最適なジュール数に調節したり、照射の方法を変えたりして、火傷のリスクを軽減する取り組みをしています。

新宿クレアクリニックは脱毛専門のクリニックです。
上記のような取り組み、また症例数も多数あり、且つしっかりした保証制度も整っております。
皆様が安心してお通い頂ける環境にあると自負しております。

しかしながら、実際はどれだけ知識や技術の高い医療機関で施術を行ったとしても、完全には火傷のリスクをなくすことはできません。
もし絶対に火傷を発生させないようにするには、レーザーの出力を弱めればいいだけのことですが、これではリスクもほぼないかわりに効果がかなり高い確率で下がってしまいます。
これでは、エステ脱毛と同じになってしまいます。
実際には万が一火傷が発生したとしても軽度のもが殆どで、
殆どの場合は重症にはならないと考えられますが、火傷が生じたときには迅速に対応でき、薬も処方してもらえる医療機関での脱毛がおすすめです。
新宿クレアクリニックでも、火傷が起きた際の診察、治療費は一切かかりません。
また、火傷の痕が残った際も無料で治療を行っております。
過去に重症の火傷が起こったケースもほぼありませんので、この点もご安心してお通い頂ける要素です。

もし火傷になってしまったら、出来るだけ早く診察にいらして下さい。早期の治療、対処が火傷痕を残さないようにするためには需要です。
前述のように、新宿クレアクリニックでは火傷が起きた際の診察料金、治療料金は無料です。
火傷が起こるのは稀ですし、そのほとんどは軽い赤みや瘡蓋のような状態です。
レーザー脱毛の直後は、皮膚が軽い炎症を起こして赤みが出ますが、これは正常な反応のうちで、通常であれば数時間ほどでおさまります。
新宿クレアクリニックでは照射後に、鎮静、保湿効果の高いKAMAオイルで、脱毛後の肌を優しくマッサージします。
この処置は照射直後の塗布のため、過去に大きな火傷がなく、冷却よりも効率的な対処が出来ています。
これは他クリニックにはない新宿クレアクリニックのみのオリジナルで、日本では無二です。
これでももし炎症がひかない場合には軟膏などをも段階に分けて処方致します。

施術後、レーザー照射の痕が茶褐色に残った場合、希にレーザーの照射口を押し当てた箇所に擦り傷のような瘡蓋ができることがあります。
この場合は軟膏と保湿で瘡蓋が剥がれるにを待ちます。
万が一、色素沈着が出来た場合には専用のクリームなどで改善しますが、比較的すぐに自然消滅するものから治療に半年ほどかかるものまで、肌質や体質によっても異なってきます。
長期の治療にならないように、照射時、照射後に細心の注意を払うのは勿論のこと、新宿クレアクリニックでは、担当看護師が必ず照射後にメールで個別にフォローを行っています。
あとから不安に思うこともはじめての脱毛にはつきものです。
こういった安心したシステムも安心してお通い頂ける要素となっています。

火傷を予防するためには

レーザー脱毛による火傷を未然に防ぐために、まずは日焼けしないことと、保湿などにより肌を健康に保つことが一番大切です。
もともと肌が弱く赤みが出やすいという人は、事前にカウンセリングの際に伝えて下さい。
事前のテスト照射が可能です。その状態で本当に脱毛が可能か、または機械の種類を変えるのかなど検討していきます。
他にも他の病気で服用しているお薬がある方は、薬のなかには光過敏症を引き起こすものもあるので必ず申告して下さい。
ご予約の際に、日焼けや、肌の状態、毛周期についても必ずアナウンスしていますが、日焼けや肌の状態は隠さず伝えることも大切です。
もしかしたらその日はレーザー照射ができないかもしれませんが、クリニックとしっかりしたコミュニケーションとることで多くのリスクが回避できるのです。

新宿クリニックは脱毛専門の医療機関なので、施術前のカウンセリングもご納得頂けるまで行い、無理な勧誘も一切致しません。
火傷や色素沈着が起きたとしても、脱毛専門の医療期間であるため、責任ある対応や治療を提供することができます。
大切なお体を預けて頂くためにもより良い関係を築き、安心して医療脱毛を受けて綺麗なお肌を手に入れてください。

PAGE TOP