毛周期とは?部位別の毛周期と期間について|医療脱毛・レーザー脱毛美容皮膚科クレアクリニック|新宿・渋谷

女性専用完全個室

毛周期とは?部位別の毛周期と期間について

HOME > 脱毛について > 毛周期とは?部位別の毛周期と期間について

毛周期と脱毛の関係について

脱毛を始める上で、必ず目にする『毛周期』
効果的!かつ効率的!に脱毛をするには、【通院ペース】=(イコール)【毛周期】が鍵を握ります。

新宿クレアクリニックでは、ご通院いただいている患者様へ、『毛周期』はもちろん、
お肌のお色みや脱毛経験の有無による部位によって差異のある毛量など、
個人それぞれを考慮した通院ペースのアドバイスを徹底しております。

脱毛専門クリニックだからこそ出来る把握で、脱毛効果に差をつけます。
※抜け落ちや生え揃いの診察も無料で承っておりますのでご安心の上、ご通院いただけます。

誤った知識で、脱毛をしてしまうと回数が余分に掛かり、時間はもちろん、経済的にも損をしてしまうため、
脱毛を始めるにあたって、毛周期は、絶対抑えておきたい重要ポイントです。

  • カミソリで処理をしてもその日の夜にはチクチク
  • 毛抜きで抜いたのに翌朝また同じ場所に生えてきた
  • 一気に毛が抜け落ちることがある

こういった煩わしい現象も毛周期が関わっています。

そもそも、毛周期とは?

お肌や月経にもサイクルがあるように、毛が抜け変わる循環リズムを『毛周期(別名:ヘアサイクル)』と呼びます。
みなさんもご存知の通り、毛のメラニンを通じて処理していく脱毛は、毛穴に毛がないことには脱毛できません。

よって抜け落ちている時期、抜毛してしまった、毛の色素がない箇所(白毛)には反応しない、効果がないのです。

毛周期の基礎知識を得て、【効果的に脱毛する通い方】の原理を把握すること、
それこそ美しさへの近道です。

毛周期とは

毛周期について

毛は、
成長期 ⇒ 成長後期 ⇒ 退行期 ⇒ 休止期
の4段階サイクルを繰り返し、生え変わっており、これを毛周期(ヘアサイクル)と呼びます。

ここで気になるのが、【それぞれの時期の脱毛効果】ですよね?

「成長期」「成長後期」の毛は、脱毛に最も適した時期

根が深くメラニン色素が濃くなるため、効果的な脱毛が可能。

新宿クレアクリニックで導入している全ての医療レーザー脱毛機であれば、
一度死滅された毛が再生されることはありません。

「退行期」の毛は、脱毛にやや適した時期

近年、医療レーザー脱毛の機械によっては死滅できる細胞もあるという説もあり
【当院の脱毛機は適応とされています】

医療レーザーであれば、ダメージを与えることは可能なため、細くなったり短くなる

成長期の毛と比べ、メラニン色素が薄くなり、根も浅くなってくるため、
効果のイメージとしては、成長期・成長後期 > 退行期 > 休止期 となります。

エステや古い医療レーザー機、出力設定が弱い場合、休止期と同様に脱毛効果は得られない時期とされます。

「休止期」の毛は、脱毛に最も適さない時期

抜け落ちる時期、または抜け落ちるのを待つ時期なので、ターゲットとなる細胞(毛乳頭)から離れてしまう為、一切の脱毛効果なし

残念なことに毛周期は、目視にて4段階サイクルの見分けをすることが困難なため、
各部位の平均サイクルに基づいたプロの指示の下、お通いいただくことをお薦めします。

部位ごとの毛周期と脱毛ペース

部位ごとの毛周期と脱毛ペース(顔、ワキ、VIO、腕、足など)

(各部位の毛周期と脱毛ペースの図※BSクリニックの「毛周期の寿命」と「毛周期」をまとめた表を作成)

部位 毛周期の寿命
頭髪 2年~6年
6カ月~1年6カ月
ワキ 1年~2年6カ月
太もも・ひざ下 6カ月~1年6カ月
腕・ひじ下・手の甲 6カ月~1年6カ月
VIO 1年~2年
部位 毛周期 最短回数 平均回数 最長回数
ワキ
ワキ 2か月~3か月 3回 7回 10回
VIOライン
VIOライン 1か月半~2か月 3回 5回 7回
全身
全身 2か月 3回 5回 7回
全顔
全顔 1~2か月 3回 8回 10回
太もも
太もも 1か月半~2か月 3回 5回 7回
膝下
膝下 1か月半~2か月 3回 5回 7回

全ての毛を成長期にすることは、到底不可能なので、大切なのは確立を上げることです。
各部位の平均をとり、お顔は1~2ヶ月、お身体は2~3ヶ月間隔から開始していくことが効率的とされています。

その他、当院ではこれまでの脱毛回数、出力の経過、スキンタイプ、毛穴の閉じている比率を把握した上で
脱毛の進行を最適に導けるパートナーとなり、効果的な脱毛をサポートしていきます。

脱毛が完了するまでに必要な回数と期間

あなたに必要な脱毛回数

脱毛でしっかり効果を出せる成長期・成長後期の割合は、全体(生えている毛)の10%~最大で20%とされています。

最大確立の20%で毎回処理できた場合、100% ÷ 20% = 『5回』 で完了となりますが、
毛周期は、目視にて成長期・成長後期の見分けをすることが困難なため、平均回数は5回~6回とされています。

脱毛は、満足度が人それぞれ、かつ部位によって目標値が異なるかと思います。

例えば、「脇は絶対なくしたいけど、背中は薄くなれば良い」「産毛も全部なくしたい」など、
自己処理が不要と判断する基準も個人差があります。

かといって、「脇は8回、ハイジニーナ(VIO)は6回、足は3回」という選び方は値段が高くつくのでは…
といった懸念があり、踏み出せなかったというお声も多くいただきました。

当院では脱毛専門クリニックの柔軟性を活かし、既成プランの部位変更や独自のプラン作成を承る等、
ご要望に出来得る限り寄り添ったご提案をさせていただいており、上記のような方々へも
最適なプランでご通院いただいております。

ムダ毛、自己処理、お肌に対する自身のお悩みやご希望をお気軽にご相談いただければと思います。

脱毛効果の「個人差」を左右する通院ペース

毛周期が深く関わる通院ペース(脱毛の頻度)

[脱毛がまったく初めてな方]と[脱毛経験があり多少でも薄くなっている方]とでは
効果的な通院ペースは明らかに異なります。

それは表面に見えない『毛を作る細胞(毛乳頭)』の数が異なるため。

通院ペースの例

(通院ペースの図)

[脱毛が初めてな方]

※脱毛は初回が最も成長期の割合が多いとされるため、20%の減毛率が期待できます!

① ~2ヶ月~ ② ~2ヶ月~ ③ ~3ヶ月~ ④ ~3・4ヶ月~ ⑤ ~4・5ヶ月~ (⑥)

皮下にある毛を作る細胞(毛乳頭)を含め、全体を占める毛乳頭の数が半分以下となって初めて
減毛を実感する部位もあるので、焦らず着実に処理していくことが大切です。

[脱毛経験があり、既にまばらになっている方]

※以前の脱毛により、毛を作る細胞(毛乳頭)が少なくなっているため、既に毛周期が遅くなっています。

① ~3ヶ月~ ② ~3・4ヶ月~ ③ 4・5ヶ月~ ④ ~5・6ヶ月~ ⑤

毛周期や、脱毛経験の有無のみならず、日焼けのしやすい黄色みの多いお肌の方は夏前に行い、
夏はお休み期間とする等、個々に応じた効果的な脱毛の方法をアドバイスしております。

最適な通院ペースを見つけることこそ、少ない回数でムダ毛とお別れできる最短のルートです。
医療レーザー脱毛で、毛穴レスなお肌を手に入れ、いち早くムダ毛のストレス、お悩みから開放されましょう。

夏に向けていつから通いだすべきか

必然的にお肌を出す季節までに少しは美しく、そして自己処理が楽になりたいのが理想!
ですが、実際にはその季節が来てから危機感が再来し、脱毛への意識が高まる方が多いのではないでしょうか。

医療脱毛は、完了を目指すなら長期戦です。

しかし、お肌のメンテナンスや痩身マッサージとは違い、治療に終わりがあるのも最大のメリット

又、脱毛完了時だけでなく、特に2回目以降は、ムダ毛を自己処理していた頃と比べ、雲泥の差
脱毛通院中も、お肌の美しい状態が長くキープされるようになっていきます。
部位によっては初回から減毛効果を感じるため、「もっと早くやっておけば良かった」と
お喜びの声を大変多くいただきます。

目前の夏に向けてであれば、紫外線の弱い春前から通院し、夏までには2回目を終える

医療脱毛の開始時期は、脱毛したいと思い立ったときがベストです。

「今年の夏に間に合わないなら」と諦めてしまっては来年の夏までムダ毛と過ごすことになります。
自己処理は見えている以上に、お肌にダメージを与え、老化を加速させています。
だからといってムダ毛のあるお肌をそのままにすることはできません。

出来るだけ早く自己処理から卒業、ムダ毛とお別れすることが、美しい肌と長く付き合う秘訣です。

その美しくなる機会を逃さず、効果的に脱毛を始めていきましょう。

イベントに合わせた脱毛時期

一時的に効果を間に合わせたい場合、いつ施術すべきか。

旅行や挙式、友人の結婚式など、様々なイベントに合わせ、「即席でも綺麗にしたい!」
というご要望も多くいただきます。

ずばり3週間~4週間前に脱毛を終えるのが一番美しく迎えられます。

大切なイベントだからこそ、当院ではスキンタイプに応じて脱毛後の経過をみさせていただき、
2回目以降の施術をイベントに合わせて行うことを推薦しております。

脱毛を通して、目標とされる日が最も美しい状態で迎えられるよう全力でサポートさせていただきます。

その他にも些細なことからご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

PAGE TOP