脱毛中の日焼けはNG?|医療レーザー脱毛ならクレアクリニック - 東京|新宿・渋谷

脱毛専門女性専用

脱毛中の日焼けはNG?

脱毛専門クレアクリニック > 脱毛の基礎知識 > 脱毛中の日焼けはNG?

日焼けとレーザー脱毛について

医療レーザー脱毛を行う際に日焼けが禁忌な理由としては、
火傷などの肌トラブルが起こりやすくなる。
脱毛時の痛みが強くなる。
肌トラブルが起こるリスクが高いため出力調整が難しく、十分な脱毛効果が得られないなどの理由が挙げられます。

脱毛するなら
日焼けはNGです!

レーザー脱毛は、黒い色、メラニンに反応するレーザーを脱毛部位に照射し、照射後に熱によって毛母細胞という毛を作る細胞を破壊し脱毛を行います。
そのため、日焼けによってメラニンが大量に増え過剰になっている肌にレーザーを照射すると、火傷やシミ、そばかすなどの症状が起こりやすく、色素沈着の原因にもなるため、基本的には日焼けをしている肌へのレーザー照射を行うことはできません。
日焼けによりメラニン色素が活性化している状態の肌にレーザーを照射するのは、上記のような理由で大変危険です。

一番危険なリスクは火傷です。日焼けした肌にはレーザー照射は基本的に禁忌です。
紫外線を受けた肌は、刺激から肌を守るためにメラニン色素をたくさんつくります。
表皮に赤みやひりひり感を伴う炎症が起きて、乾燥や肌荒れも起こしてしまいます。
このような状態の皮膚にレーザーを照射すれば肌は強いダメージを受けますし、普通なら毛に集中する熱が肌のメラニンに強く反応して、結果として火傷が起こります。

また、日焼けをすると紫外線の影響で肌は乾燥してしまいます。
肌が乾燥していると通常よりも脱文時の刺激が強くなり、痛みを強く感じるようになります。
さらには痛みだけではなく、日焼けで乾燥が酷くなっている肌には、レーザーの照射パワーが毛穴の奥まで届かなくなってしまいます。そのため十分な脱毛効果が得られなくなってしまいます。
そして日焼けした肌への強い出力のレーザー照射は火傷の原因に繋がるので、個々に適した出力設定での照射が難しくなり、これも十分な脱毛効果が得られない結果へ繋がります。

基本的に施術がすべて完了するまでは、徹底的に日焼けを予防しなければなりません。
しかし、脱毛期間が年単位で長期となると、その期間中まったく日焼けしないというのもなかなか難しいものがあるのも分かります。
期間中の施術と次の施術の間に関していうと、脱毛後の日焼けは出来うる限り避けるのが大事です。
一応、日常生活の範囲内の日焼けなら問題ないといわれていますが、毎日の通勤であっても紫外線の蓄積は手ごわいものがあり、気が付いたら肌の白黒の境界線が出来ていたということも稀ではありません。

脱毛中に日焼けしちゃった場合は?

対処法① 冷やす

万が一日焼けしてしまったあとの対策としましては冷やして炎症を早く沈めます。
ただ冷やす行為はひりひり感を押さえる一時的な対応に過ぎず、肌の色味が急に引くことはありません。
火照りが落ち着くまでは刺激を避けるのが大事です。炎症が治まってくるとお肌に痒みが出てきます。
寝ている間に無意識に掻いたりすることもありますので、入浴など血行がよくなる行為は避けてシャワーのみにし、タオルなどでごしごし擦ったりするのが絶対にやめて、肌を出来るだけ刺激しないように注意して下さい。

対処法② 保湿

また日焼け後に最も大切なケアは保湿です。こまめに保湿クリームを塗ることを心がけましょう。
なるべく保湿効果の高いものを選んで、肌の更なるトラブルを避けて下さい。

日焼けをしている場合は最低でも1カ月~2カ月以上の期間を置いてからの照射となります。
脱毛再開の目安はスキンレベルによって個人差がありますが、医師または看護師の診察により、日焼けしているという診断がつけば、その部分の照射を避けて他の部分のみの照射を行うか、または今回のレーザー照射は見送り、別日に脱毛を行うという方法を取らなければなりません。
新宿クレアクリニックでは、毛周期に合わせた脱毛をしっかり指導しておりますし、少しでも早く脱毛を完了したい場合や結婚式などのイベントに向けての脱毛は、このお休み期間が無駄になってしまいます。
1番大事なのは日焼けをしないように予防と注意をすることです。

どれくらいまでなら大丈夫?

どれくらい日焼けをするとレーザー照射が出来なくなるという日焼けのレベルとしては、明確な基準を出すことは難しいですが、おおよその目安としては下記のようになります。
まず、ほんのりと焼けていると感じる部分と、焼けていない部分との違い少しある程度という日焼けの場合。
この場合は1ヶ月間ほど脱毛の施術を行うことができません。
日焼けが落ち着いてくるまでのこの期間は、しばらく脱毛をお休みする必要があります。

次にかなりしっかりと日焼けしている場合です。
日焼けしている部分としていない部分のコントラストの違いがはっきり分かるレベルの日焼けの場合です。
このレベルの日焼けになると、3ヶ月間は施術を行うことができず脱毛を長期間中断することになります。

日焼けは脱毛だけへの影響ではなく、美肌へも良くない影響があります。女性の大敵であるシミ、そばかす、しわの原因にもなります。
さらに肌の乾燥によって非常に敏感な状態になってしまいますので、肌あれの原因にもなります。
ムダ毛の処理以上にシミやそばかす、ましてや一度出来てしまったシワを消すためには大変な労力と時間が必要になります。
せっかく脱毛を行うことで綺麗な肌を手に入れようとしているのであれば、上記のような理由からも紫外線は出来うる限り避け、日焼け対策を徹底的にしていきましょう。
紫外線対策は女性の一生の課題とも言えると思われます。

手軽にできる日焼け対策

日焼け対策は色々とありますが、脱毛中にできる手軽なものについてご紹介致します。
一番確実なのは、露出を減らし直射日光を避けることですが、日常生活があるためずっと屋内に引きこもるというのはとても難しいと思われます。
ですが、せめて脱毛期間だけは紫外線の強い場所への旅行は避ける、また日焼け対策のため日光が肌に当たる面積を狭めるよう肌の露出を減らすなどの心がけは大事です。
紫外線が強い時期は、帽子や日傘も活用して日焼け対策をした方がベターです。

脱毛は数カ月で終わるような短期的なものではありません。
しっかりと完了させるためには最低でも1年以上の期間が必要になります。
ですので日焼けに注意すべきなのは、強い日差しのある夏だけでなく1年中です。
日差しが弱くなる春秋も油断できませんし、雪が降る冬も照り返しにより日焼けも驚くほどお肌を傷めます。
どの季節であっても気を抜くこと無く十分な日焼け対策が必要です。
万全の状態で脱毛を行うためにも日焼け対策を徹底しましょう。

次に汗をかく夏場などは面倒に感じるかもしれませんが、日焼け止めは必ず使用するということです。
これは最も効果的で簡単な日焼け対策です。
日焼け止めを選ぶ基準としては、PAが++++以上の基準のものなら日焼け対策として十分です。
SPFは紫外線カットの効果が持続する時間の基準なので、外に出る時間を考えて必要な基準のものを選んでください。
SPF1で20分の日焼け止め効果があるので、自分のニーズに合ったSPF値の日焼け止めを選んで下さい。

つぎに、今おすすめなのは飲むタイプの日焼け止めです。
これはサプリタイプの日焼け止めで、身体の内部から日焼けを抑える新しいタイプの日焼け止めです。
すでに海外では主流になっており、塗り残しやムラがなく、手間もかからず、さらに副作用もないため、大変人気を集めています。
確実な日焼け対策をするのであればこの飲む日焼け止めの活用は必須と言っても良いでしょう。
日本でも最近では外からと内からの紫外線対策は常識となってきています。
新宿クレアクリニックでも24時間紫外線をカット出来るサプリメントをご用意していますので、詳しくはスタッフまでお尋ね下さい。

当院でのケア

新宿クレアクリニックでは、日焼けに関しては上記のような指導を行い、また日焼けした際には上記のように間隔を空けて頂くか、日焼けの部位を避けて行う対策を取っております。
ご予約の際にもリスク回避のために受付と連携を取り、徹底してアナウンスしています。
それでも日焼けをしてしまった方、間隔も空けたくない方には、新宿クレアクリニックではメディオスターNeXT PROという機械も導入しております。
色黒のお肌や日焼けしたお肌へのライトシェアデュエットでの照射は、火傷のリスクが高くなってしまいます。
今までは、日焼けが治まるまで照射の期間を空けて頂いておりましたが、仕事柄どうしても日焼けは仕方がないという方もいらっしゃいます。
そんな方にも照射可能なのがメディオスターNeXT PROです。
メディオスターNeXT PROは色黒、日焼けしたお肌にも照射をする事が可能です。
痛みもほぼなく、麻酔も必要ありません。
つまり、新宿クレアクリニックでは、全ての脱毛をしたい患者様のご要望にお応えすることが可能です。

また、脱毛後に日焼けをしてしまった場合でも肌トラブルを引き起こす可能性があります。
レーザー脱毛後の肌は非常に敏感になっています。脱毛後に日焼けをしてしまうことで、赤みなどの炎症、しみやそばかすなどが出来やすくなります。
そのため日焼け止めの使用と十分な保湿をお願いします。

当院では、患者さまの負担を極力抑えて安全かつ効果的な施術を行いたいと考えておりますので、この程度なら大丈夫?
そんなに黒くはないし、とにかく早く脱毛したいから、などと安易に考えずに、脱毛前後の日焼けに関して疑問に思うことがありましたら、どんな些細なことでも構いませんので、お気軽にスタッフにご相談下さい。

PAGE TOP