埋没毛(埋もれ毛)の原因と治し方|医療レーザー脱毛ならクレアクリニック - 東京|新宿・渋谷

脱毛専門女性専用

埋没毛(埋もれ毛)の原因と治し方

脱毛専門クレアクリニック > 脱毛の基礎知識 > 埋没毛(埋もれ毛)の原因と治し方

埋没毛(埋もれ毛)とは

埋没毛とは、皮膚の下に留まって生えているムダ毛のことを言います。
埋もれ毛という言い方をする場合もあり、
脇の下、膝下、膝、大腿、腕など、毛根がある場所には体のどこにでも生えてきます。
生えてくると言っても、実際には皮膚の中に留まったままですため、皮膚の表面には出てきません。
短いままで留まっている毛もありますし、皮下で長く伸びている場合もあります。

この皮膚の表面から出てこないという点が、埋没毛の最大の特徴と言えます。
皮膚の表面に出てこないことが原因となり、黒くぶつぶつとした点がたくさんあるように見えるため、お肌を露出する場合は、見た目にも大変苦痛を伴います。
また、触った感じにも、ブツブツやざらざらとした感触となってしまうため、この埋没毛が自身のコンプレックスの原因になっている方も非常に多いのが実情です。
埋もれ毛を放置してムダ毛の自己処理を続けていると、自己処理後の見た目が黒くボツボツとするだけではありません。
どんなにしっかりカミソリや毛抜きで自己処理をしていても、毛穴が鳥肌のようになったり、毛穴に炎症を起こすと毛嚢炎と呼ばれるニキビ状のものができたりと、
皮膚には色々なデメリットがあります。またこれが原因で色素沈着を起こすこともあるため、
埋没毛の処理には注意が必要です。

埋没毛(埋もれ毛)が出来る原因

埋もれ毛とも呼ばれる埋没毛ができる最大の原因として挙げられるのは、乾燥や肌荒れにより、皮膚がダメージ受けて角質がどんどん分厚くなってしまうことです。
肌の一番表面にある角質は、肌の保湿を守る役割や、内部に雑菌などが入らないようにするバリア機能の役割をしています。
乾燥などが原因で肌が荒れている状態の時は、角質層がボロボロの状態です。これ以上肌のダメージを大きくしないようにと、ターンオーバーを遅くして
どんどん古い角質をため込んで肌を分厚く固くしていきます。
しっかり毛穴から伸びているムダ毛は、そのまま毛周期を繰り返し、やがては抜け落ちていきますが、
埋没毛の場合は分厚くなった角質が毛穴をふさいでいるため、新しく育ってきたムダ毛は皮膚の表面に出られずに皮膚の下で育っていってしまいます。
これが埋もれ毛、埋没毛を引き起こす原因です。
そして、これが本当に悪循環なのですが、埋もれ毛、埋没毛の原因になる乾燥や肌荒れを引き起こす一番の原因が自己流のムダ毛処理なのです。
埋没毛はそのまま放置してても、時間とともに分解され排泄される可能性もありますが、その過程でもやはり色素沈着や炎症を引き起こすことがあります。

ムダ毛の自己処理による肌に与えるダメージ

ムダ毛処理でもっとも簡単でよく行われるのはカミソリによる自己処理です。カミソリはムダ毛を剃る時に、
表面の角質まで剃り落としている状態になっていることが殆どです。
入浴時にカミソリでムダ毛処理をしていると、お湯で皮膚が柔らかくなっているため、皮膚まで剥けてしまったり、
その皮膚の傷ついた部分から雑菌が侵入して炎症を起こしてしまうことなどもあります。
カミソリで無理やりはがされた角質では、通常のバリア機能が低下し、肌を十分に守ることができなくなります。
よくカミソリ負けしたと言われる方がいますが、これはカミソリによって角質がはがされ皮膚が薄くなってしまったことが原因で、
あかみや痒みなどの症状を伴います。

毛が身体の中でも濃くしっかりしたワキやVIOなどは、カミソリで自己処理をしても断面が目立って、自己処理が不十分だと感じ、
毛抜きをされる方も多いと思います。
毛抜き処理による自己処理は、まだ本来抜け落ちる前のムダ毛を無理やり引き抜く行為で、毛穴の周りの皮膚が毛と一緒にに引っ張られてはがれたり、
毛穴から出血したり、毛抜きした部分が上記のように不可抗力をかけることで、炎症や化膿を起こしやすくなります。
ほかには、脱毛ワックスや脱毛テープなども毛抜きと同じ原理です。一度にムダ毛を処理する事が出来るため、
毛抜きより楽だと行う方も多いと思いますが、ワックスやテープの場合は、自己処理したい箇所以外の肌全体に影響するため、
使用方法や頻度を間違うと、毛抜きよりも埋没毛ができやすくなります。

除毛クリームなどの薬品を使うものの場合、薬品を肌に広げることで角質へのダメージが大きくなり、肌に大きな負担をかけてしまう危険性があります。
これらにはムダ毛を溶かすために、強いアルカリ性の薬剤が含まれています。アルカリ性はタンパク質を溶かす働きがあり、
わずかですがムダ毛と一緒に皮膚も溶かしていると考えられています。

埋没毛(埋もれ毛)への対処法

埋没毛があると肌が汚く見えてしまうため、肌を露出する季節になると無理やり自己処理を行い、上記のような方法で
無理やり毛抜きなどで取り出そうとする人も多いためすが、これは本当に逆効果なお手入れになってしまいます。
自分から肌に大きなダメージを与えては、余計に埋没毛ができやすくなると同時に、
間違った自己処理で、強引な方法で肌に傷を付けるのを繰り返していると色素沈着やシミの原因になり、余計に毛穴が目立つ原因にもなります。
一度できてしまった色素沈着やシミをなくすには、かなりの時間と費用、労力がかかります。
将来後悔しないために、正しい埋没毛に対する処理方法を理解しておきましょう。

まず一番徹底してやるべきことは、ムダ毛処理後の保湿です。市販のボディクリームなどでも大丈夫ですので、一年を通してムダ毛処理をした後はまめに保湿しましょう。
当院でお勧めしている保湿効果の高いボディークリームは香りも馴染みもよく、且つベタベタし過ぎずに、お肌も心も癒してくれます。
気になる方は、お気軽にお尋ね下さい。

上記でも述べたように、ムダ毛の自己処理はどんな方法でも肌に大きな負担をかけ角質をボロボロにしてしまいます。
そのままの状態で放置していると、角質の隙間からどんどんうるおいが逃げていき、更に乾燥や肌荒れを引き起こします。
しっかり保湿して肌に皮膜を作ってあげることで、肌がしっかり守られている状態になり、肌への負担を最小限にすることが出来ます。
埋没毛がない状態のお肌でもムダ毛の自己処理をしていくためあれば、保湿は一番大切なお手入れ方法です。

すでに埋没毛ができている場合、無理に引っ張り出すのではなく、毛穴をふさいでいる分厚くなった角質を取り除き、肌のターンオーバーを
正常にしてあげる手入れをしていきましょう。
それには、スクラブまたはピーリングなどがお勧めです。今は香りのよい天然でお肌に優しいものも沢山あります。
週に一度のペースで、癒し効果もあるこの方法で、角質のお掃除をしてあげましょう。
スクラブやピーリングをした後は乾燥しやすくなるため、ここでも保湿クリームをたっぷり塗って、お肌を保護していきましょう。

ほかには、

  • ムダ毛処理前はお肌を擦らないように優しく洗って清潔を保つ
  • ムダ毛処理後の炎症を予防するために冷やす
  • 風邪などで免疫力が低下しているときや、生理前などでお肌が敏感になっている時には、ムダ毛処理をしない

などに気をつけることも大切です。

ムダ毛の自己処理が必要であれば、出来れば普段のムダ毛処理は電動シェーバーを使うようにしましょう。
電動シェーバーは刃は優しいつくりでお肌を傷めないため、埋没毛の原因となる肌への負担が一番少ないムダ毛処理の方法です。
お肌に負担が少なく簡単ですが、ムダ毛の伸びが早く目立ちやすいというデメリットはありますが、
あまり肌を露出しない時期だけ電動シェーバーを使うなど、できるだけ肌に負担をかけないようにしてみるのがよい方法だと思います。

余談となりますが、当院での脱毛の際は、個人個人に必ずこの電動シェーバーを使用した、Myシェーバーシステムを取り入れております。
自分専用の電動シェーバーなため、安心且つ安全です。

埋没毛(埋もれ毛)には医療レーザー脱毛

一番効果的なのは、医療レーザー脱毛で根本的にムダ毛をなくす方法です。
クリニックでの医療レーザー脱毛は、1度処理してしまえば自己処理がほぼ必要なくなるため、
埋没毛を根本的になくしたいという方には絶対的にお勧めです。
自己処理が必要なくなるまでには毛周期にターゲットを絞って照射していく必要があるため、1年から1年半ほど通う必要がありますが、
回数を重ねて脱毛しているうちに、徐々にムダ毛が薄くなり、生えるスピードもだんだん遅くなってくるため、
自己処理の回数が減っていき、見た目にも綺麗なお肌となっていきます。結果、埋没毛の原因となる肌への負担も小さくなっていきます。

埋没毛は皮膚科で治療することもできますが、その場合は適切な道具や方法で皮膚の下から毛を引き抜く処理になります。
医療レーザー脱毛は、黒い色素部分のみ選択的に反応し、深い毛根にもピンポイントに届く仕組みなため、皮膚の下にある埋没毛でも脱毛が可能です。

当院では、角質のターンオーバーを正常に整える指導を行いながら、ある程度埋没毛が引き出せるようになったら、医療器具で埋没毛を取り出し、
その部分にしっかりとレーザーを照射する方法での施術も行っております。とても手間と時間がかかる作業ですが、患者様お一人おひとりのことを
考え、必ず自己処理の不要な綺麗なお肌になって頂くために、埋没毛の治療にも徹底して取り組んでおります。
自己処理を繰り返した結果、埋没毛が増えて、最終的に皮膚科を受診、治療処置することを考えれば、
埋没毛に悩んだ時から、脱毛効果もアフターケアもしっかりしている医師管理のもとで治す医療レーザー脱毛が、
埋没毛をなくするためには一番適切な方法だと思われます。

ただし、埋没毛が原因で濃い色素沈着を引き起こしている場合や、自己処理による傷跡などがある場合、その部分は照射を避ける場合があります。
毛だけではなく、肌にレーザーが反応してしまい、火傷や色素沈着の原因になってしまう可能性があるからです。

医療脱毛とエステ脱毛、埋没毛における脱毛の違い

エステサロンでも脱毛はできますが、埋没毛があると脱毛は出来ないと言われるケースもあるそうです。
クリニックで行う医療レーザー脱毛と、エステサロンで行われるフラッシュ脱毛には大きな違いがあります。

医療レーザー脱毛がフラッシュ脱毛と異なる点

  • 国家資格を持った医師が指導のもと脱毛出来る
  • 医療機関でしか扱えない強力な出力を出すことが出来る脱毛機器を使用している
  • 医療機関であるため、痛みを伴う場合は脱毛時に麻酔を使用する
  • 火傷や毛嚢炎、色素沈着などの肌トラブルに対しては適切な医療行為を行い、薬品の処方が出来る

クリニックでは医療機関ならではの上記のような安心感、アフターケアなどがあります。
エステサロンではなにが起こっても、このような迅速な対応が出来ないのは、大きなデメリットと言えます。
とくに埋没毛の部位は毛嚢炎という炎症が起きていることもありますから、その場合クリニックであればそのまま治療が受けられます。

PAGE TOP