介護脱毛とは?シニアから始める医療脱毛|医療脱毛専門クレアクリニック - 東京|新宿・渋谷

脱毛専門女性専用

介護脱毛とは?シニアから始める医療脱毛

医療脱毛専門クレアクリニック > 脱毛の基礎知識 > 介護脱毛とは?シニアから始める医療脱毛

1.介護脱毛とは?

介護脱毛とは、最近ではテレビや雑誌でも取り上げられる機会が多くなったので、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、自分が将来、誰かに介護される立場になった場合を想定し、その時の準備として、VIOまたはワキなどを永久脱毛しておくこと。

近年では、これを「介護脱毛」と呼ぶようになりました。

VIOのお手入れをしているのは、若い女性だけだと考えている方は、まだまだ多いと思われます。
しかし最近では、40代から50代以降の方々が、VIOや脇の医療脱毛、介護脱毛をご希望され、施術されるケースが多く見られるようになりました。

2.脱毛が出来る年齢は?

医療レーザー脱毛を開始するのに年齢制限はなく、基本的にどなたでも受けていただけます。
新宿クレアクリニックにも、下は10代から、上は40代〜60代と非常に幅広い年齢層の患者様に、ご来院いただいております。

シニア世代の方は、周囲の同年代の方で、実際に医療レーザー脱毛を受けているという方がいないと、
自分の年齢で脱毛を始めてもよいものか?と、不安になってしまう方も多いかと思います。
若い子ばかりがいるクリニックに行くのも、抵抗があるというお声もよく耳にします。

私の友人も、そんな悩みを打ち明けてくれたことがありました。
確かに、年齢的にも、他人には質問しにくい問題かも知れませんが、当院は、患者様お一人お一人のお悩みに寄り添い、脱毛専門クリニックならではのノウハウと、思いやりの心を忘れずに、丁寧なカウンセリングと施術を心がけておりますので、ご安心してご来院下さい。

3.シニア世代からの脱毛

脱毛は若い世代の人がするもの!というイメージが強いように思われますが、 最近では、シニア世代の方々にも、医療レーザー脱毛の人気が大変高まってきているように思います。

今のように医療レーザー脱毛が普及する前は、脇脱毛をするだけで、ニードル脱毛で100万円という時代でした。 私はそれを体験したひとりです。

よく、若い患者様に当時のことをお話しするのですが、とにかく、脱毛は費用が高額!という印象がありました。

今はその時と比べると、価格も大変リーズナブルになったこと、また、脱毛をして身だしなみを整えるのが当たり前の時代になったことにより、気軽に医療レーザー脱毛を受けやすい環境になりました。

シニア世代が脱毛を開始する理由として、価格以外にあるのが、閉経してホルモンバランスが崩れ、今まで気にならなかったムダ毛が濃くなって目立つようになってきた。

老化現象により、近くのものが見えにくくなってきたことにより、今まで手軽に出来ていたムダ毛の自己処理が難しくなってきた。というご意見をよく耳にします。

また、子育ても一段落し余生を楽しむ為に、新たな趣味を持ったことをきっかけに始める方もいらっしゃいます。 ダンスや水泳などお肌を露出する機会が増えた為に、ムダ毛がないほうが楽なことに気が付いた。という理由も聞かれます。

他には、過去若い頃にエステ脱毛をしたけれど、脱毛効果が実感出来ず、最近またムダ毛が増えてきたと感じ、 改めてエステでは得られなかった効果を、医療脱毛を受けて実感したいと、再度、医療脱毛を希望して、 ご来院される方もいらっしゃいます。

4.介護脱毛としてのVIO脱毛が増えている理由

自分の体が健康で自由に動けるうちは、介護という言葉はピンとこないかも知れません。
しかし、実際に自分の親の介護問題で悩み苦労することが、40代〜50代になると徐々に増えてきます。

実際に介護することを経験して、自分が介護される側になった時の事を考えて、人にはなるべく迷惑をかけたくないとの理由から、VIO・ハイジニーナ脱毛をはじめる方が多いようです。

デリケートゾーンに排泄物が残るとそこから炎症を起こし、感染症に罹ってしまうケースもあり得るのと、毛に排泄物が付着すると、どうしても嫌な臭いに繋がります。

また、デリケートゾーンの毛に付着した排泄物をふき取るのは一苦労です。

それをされた側になって想像してみると、そうなる前に、アンダーヘアはなくしておいたほうがいいと考える方が多いようです。私もそう思って、VIO・ハイジニーナ脱毛を完了させた一人です。

個人差はあれど、老後に不安はつきものです。
さまざまな悩みや不安の中でも、介護問題はかなり大きなウェイトを占めます。

上記のようにな理由から、VIO・ハイジニーナ脱毛をしておくことで、介護する側もされる側も負担が軽減され、老後の悩みのひとつの解決策になることは間違いないと思います。

5.白髪になる前に

レーザー脱毛は黒色に反応して毛根組織を破壊させるというメカニズムです。 白髪になってしまった毛には黒の色素細胞がないため、レーザーを照射しても、 十分な脱毛効果は得られません。 そのため、毛の色素が薄くなる前、白髪になる前に、できるだけ早く脱毛を始めるに越したことはありません。

よく若い患者様に、デリケートゾーンの毛も白くなるんですか? という質問を受けることがありますが、髪の毛が白くなるように、デリケートゾーンの毛も 白髪になるのです。

最近では年齢に関係なく白髪が生えてくる方も多くいらっしゃいます。 若い方は、今はまだないからと安心せずに、白髪になる前に医療脱毛を開始していきましょう。

そして、美魔女という言う言葉が出来て、いつまでも年齢に関係なく綺麗でありたい!と思う方も増えてきました。

年齢は生きてきた歴史のただの背番号です。綺麗でいることは、楽しく生きることに繋がります。

脱毛のタイミングに遅いということはありません。
今更などと思わずに、これからの人生をよりよいもににするためにも、是非、医療レーザー脱毛をはじめてみて下さい。

監修医師 新宿クレアクリニック
新宿院 院長上浦典子- Kamiura Noriko -

当院は女性専用の脱毛クリニックです。脱毛について
お悩みをお持ちの方は、一度ゆっくりお話をお聞かせください。
患者様の「綺麗になりたい」というお気持ちを大切にして、
そのお手伝いが出来ればと思っております。

所属学会
美容皮膚科学会
資格
日本医師会認定産業医
経歴
聖マリアンナ医科大学卒業
専門分野
美容皮膚、予防医学
PAGE TOP